はじめに

会員登録 / ご利用方法はこちら

目的

臨床心理フロンティアの目的は、次の2つです。
  1. 臨床心理学を基盤とする心理職の知識を、基本から専門へと体系的に提供する。
  2. 臨床心理学を基盤とする心理職の技法を、基本から応用へと体系的に提供する。

設立趣旨

エビデンスベイストな臨床心理学を、自らの専門性の基盤として発展することを希望する心理職(及び心理職を目指して大学院に在籍している院生)の皆様の学習環境を整えるために設立しました。なお、このような学習環境が、公認心理師の専門的知識と技法の学習と、実践技能の向上につながることも併せて目指されています。

【臨床心理学オンライン学習システム】

上記趣旨に同意をして臨床心理フロンティア会員として登録していただいた方には、e-ラーニングによって、エビデンスベイストな臨床心理学を基盤とする臨床実践を発展させるのに必須な知識と技法を幅広く学んでいただける臨床心理学オンライン学習システムを提供いたします。
e-ラーニングシステムですので、インターネットを通して、いつどこからでもアクセスできるようになっております。教材制作にあたっては、そのテーマをリードする専門家の方に講義を依頼することを前提としています。

サービス提供対象

当オンライン学習システムは、専門的内容であり、しかも実験的・過渡的なものであるため、サービス提供対象は以下の要件のいずれかに該当する方に限定いたします。
  1. (公財)日本臨床心理士資格認定協会 認定臨床心理士
  2. (社)臨床発達心理士認定運営機構 認定臨床発達心理士
  3. (社)日本心理臨床学会 会員
  4. 指定校・専門職大学院の院生
    ※「指定校」と「専門職大学院」は、それぞれ公益財団法人「日本臨床心理士資格認定協会」が定める「臨床心理士養成に関する指定大学院」と「臨床心理士養成のための専門職大学院」を指します。

限られた予算と人員で運用しているため、現状ご利用を希望される方々全てにサービスを提供することが出来ません。それゆえ、現在大学学部生であったり、来年度大学院入学希望などの方のお申込みはお受けすることが出来ません。ご希望に添えずに誠にもうしわけございませんが、どうぞご理解いただければと存じます。

カリキュラムの概要

臨床心理学を、単なるカウンセリングや心理療法の集合体ではなく、実践活動、研究活動、専門活動から構成される包括的な学問体系としてとらえます。そして、その知識と技法を基礎から応用に向けて体系的に学ぶためのカリキュラムを開発し、そこで学習が必須となるテーマの科目を順次提供します。

実践活動

エビデンスベイスト・アプローチに基づくアセスメントと介入の知識と技法に関する科目を提供する。主要テーマとして、チーム・アプローチで重要となる認知行動療法と発達障害を取り上げる。 

研究活動   

エビデンスベイスト・アプローチの基盤となる心理学一般の知識と研究法を体系的に学ぶための科目を提供する。研究法は、質的方法と量的方法を取り上げる。

専門活動

チーム・アプローチ及びコミュニティ・アプローチを実践するための知識と技法を体系的に学ぶための科目を提供する。主要テーマとして、各領域特有の専門性、倫理等の職業的専門性を取り上げる。

カリキュラム開発の基本理念

2015年9月に公認心理師法が成立し、公布されました。これは、心理職にとっては長年の夢であった国家資格化が実現したということであり、とても喜ばしいことです。しかし、それは同時に、心理職の活動が新たな地平(フロンティア)に踏み出したということを意味します。

2017年の公認心理師法施行を受けて2018年からスタートする移行措置の資格試験に関連して不安に思われている方も多いと思います。どのような内容になるのか明確になっていないからです。ただし、臨床心理フロンティアとしては、公認心理師の今後の展開については、はっきりしていることがあると考えています。

それは、公認心理師は、国家資格として国民に対して活動の有効性を示していく説明責任を負うことになるということです。そのためにエビデンスベイスト・アプローチが求められるであろうということです。これは、実証的な心理学を学ぶことが公認心理師の基礎要件となっていることと関連します。

また、公認心理師は、国家資格ということで行政の社会的政策の担い手になるということも想定しています。近年、社会政策の実施は様々な多職種が協働して実施されるようになっています。その点でチーム・アプローチが求められるようになります。さらに社会政策は地域において実行されることになります。その点で個人心理療法に加えてコミニュティ・アプローチが求められるようになると考えます。

今後の展開

臨床心理フロンティアが提供する番組は、いずれも“エビデンスベイスト・アプローチ”、“チーム・アプローチ”、“コミュニティ・アプローチ”を基本理念として開発されたカリキュラムが基盤となっています。設立時には24番組を提供していますが、今後もこの基本理念に基づき、基礎的内容から、より専門性の高い内容に向けて多様な番組を制作し、順次アップしていきます。