ご利用規約

臨床心理フロンティア
臨床心理学オンライン学習システム利用規約

*以下の利用規約につきまして、お申込み前に必ずご確認・了承いただきますようお願い申し上げます。

第1条 本規約の範囲

本規約は、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース下山研究室(以下、当研究室)がインターネットを利用した臨床心理学オンライン学習システム(以下、本サービス)を利用契約者(以下受講者)に提供する際に適用する。

第2条 本サービス

本サービスは、受講者に対し、インターネットを通じた臨床心理学オンライン学習システムを提供する。

第3条 受講者

本サービスの対象は、以下の要件のいずれかを満たす者とする。
以上の要件を満たし、本規約を承諾し、当研究室の指定する手続きにもとづき本サービスを利用することを申し込み、当研究室が承認した者を受講者とする。当研究室の承認とは、第11条に定める諸手続・作業の完了をいう。

第4条 本サービス提供の場所

本サービスはオンラインeラーニングシステム(以下、OES)上および受講者が指定する電子メールアドレスで提供される。尚、本サービス提供は主としてOESにて行われ、「電子メール」での情報提供はこれを補完するものとして提供される。

第5条 受講契約の不承認と受講契約承諾の取り消し

以下のいずれかに該当する場合、当研究室は受講契約を承認しないこと、または承認を取り消すことがある。
  1. 受講者が受講規約に違反した場合。
  2. 受講申込みの際の申告事項に虚偽の記載、誤記、記入漏れのあった場合。
  3. そのほか当研究室が受講契約を結ぶことを不適当と判断した場合。

第6条 変更の届け出

受講者は、配信先メールアドレスなど当研究室への届け出事項に変更があった場合には速やかに変更の届け出を当研究室が指定するオンライン連絡フォームにより告げる。

第7条 設備その他

本サービスの利用に必要な通信回線、通信機器、コンピュータ、ソフトウェアなどはすべて受講者の負担において準備する。

第8条 著作権

本サービスによって提供される情報は当研究室およびそれぞれの著作権者に帰属する。

第9条 情報の二次利用

本サービスによって提供された情報を、複製、編集、加工、発信、販売、出版その他いかなる方法においても、当研究室の許可なく著作権法の枠を超えて使用することを禁止する。

第10条 申し込み日

本サービスを利用しようとするものが、当研究室ホームページ上で、本サービスを利用するための申し込みの手続きをした日を申し込み日とする。

第11条 契約の成立日

本サービスの申し込み後、当研究室がそれを承認し、本サービス利用の意志が確認され、当研究室が受講に必要な諸手続・作業の完了をもって契約の成立日とする。

第12条 本サービスの開始日時

契約の成立日以降当研究室の指定する日時より本サービスの提供を開始する。

第13条 本サービスの終了日時

本サービスの終了日時は、2017年9月31日を予定する。

第14条 受講の中止

契約成立日以降に、受講者が本サービスの利用中止を希望する場合は、中止を希望する日の7日前までに、本サービス利用中止希望の旨を、当研究室が指定するオンライン連絡フォームにより告げる。

第15条 本サービス提供の休廃止

当研究室は、サービス期間中であっても、メールまたは当研究室ホームページ上で事前に予告した後、本サービスの提供を休廃止することができる。 

第16条 ID番号等の管理責任

当研究室が発行した受講者ID番号やパスワードは受講者の責任において管理する。当研究室は受講者がこれらを消失・又は第三者に使用されたことによって受講者が被る損害について一切責任を負わない。 また、当研究室が発行した受講者IDとパスワードを第三者と共有することや、第三者への貸与、譲渡は一切禁止する。受講者は、これらを第三者に流用されることの無いように各受講者が責任を持ってこれを管理する。
なお、受講者ID番号の利用状況について、当研究室は適宜モニター及びチェックをする権限を有するものとする。

第17条 本サービスの遅れ、中断、消失

受講者のインターネット利用環境、ネットワークの問題などに起因する本サービスの遅れ、中断、消失については、当研究室は責任を負わない。また、サーバーの保守点検、提供データの整備その他の事由により、本サービスの提供を中断・本サービス内容の変更をすることがある。

第18条 本サービスの一時的な中断

当研究室は次に該当する場合には、受講者に事前に連絡することなく、やむを得ず一時的に電子メールもしくはOESでの本サービスの提供を中断する場合がある。この場合、受講者が本サービスを利用できなくなる。または、受講者が情報の一部を失うなどの状態が発生する可能性がある。しかしながら、当研究室は可能な限り速やかに本サービスを復旧するよう努力するが、中断期間に相当する補償等は行わない。
  1. OES等のシステムの保守、点検整備、サーバー運用上のトラブルに伴う本サービスの提供ができなくなった場合
  2. 火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  3. 地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  4. 戦争、暴動、争乱、労働争議などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  5. 日付・年号処理の不都合に起因するコンピュータシステム上のトラブルの場合
  6. その他、運用上、技術上本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合

第19条 個人情報の取扱い

1.当研究室は個人情報保護法の趣旨を尊重し、これを遵守する。
2.当研究室は、本サービス利用希望者からの登録申し込みにあたり、ご本人から個人情報を収集するが、この個人情報は以下の目的に利用する。
  1. 当研究室から本サービス利用希望者に適切な臨床心理学オンライン学習システムサービスを提供する。
  2. 当研究室によるサービス開発・プロモーション・イベント・セミナー等を企画・実施し、そのご案内をする。
  3. 臨床心理学オンライン学習システムにおけるデータ分析・アンケート調査等を実施する。
  4. 臨床心理学オンライン学習システムの運用に伴う組織を管理し、苦情・問い合わせ等に対応する。
3.当研究室は、本サービス提供のため個人情報の取扱いを外部に委託することがある。この場合、当該業務委託先に対し契約による守秘義務を課すなど適切な管理を実施する。

第20条 損害賠償

当研究室は、本サービスの提供、提供の中断、提供中の事故などによって、直接または間接的に生じた受講者またはそれ以外の第三者の損害については、その内容、方法の如何にかかわらず賠償の責任を負わない。また、受講者は本サービスに基づく第三者との損害賠償請求などの訴訟に当研究室を引き込まないことに同意するものとする。受講者が本利用規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当研究室に損害を与えた場合、当研究室は当該受講者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとする。

第21条 適用法

本サービスの提供の実施に際して適用する法律は、日本の国内法とする。

第22条 専属的合意管轄裁判所

当研究室と受講者の間で、訴訟の必要が生じた場合、当研究室の本部事務局所在地を管轄する裁判所を当研究室と受講者の専属的合意管轄裁判所とする。

第23条 規約の変更、効力

本規約は、当事者間の完全な合意であり、以前の合意や通信内容に代わるものとする。当研究室は本サービス変更のため事前の通告なしに、いつでも本規約を変更できる。本規約を変更した場合は、変更内容を電子メールおよびホームページ上で受講者に案内し、変更案内後受講者が初めて本サービスを利用した時点で変更後の規約に同意したものとする。
本規約のある条項が無効あるいは強制力がないと判断された場合においても、他の条項はその完全な効力を維持する。本規約上の受講者の義務は、本サービス、あるいは、本規約の終了によっても、消滅せず、継続する。

以上
2016年10月
東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース下山研究室